映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』あらすじ(ネタばれナシ)・みどころ・解説・感想

映画

2014年10月17日に公開された映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』。
この記事では、映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のあらすじ(ネタばれナシ)・みどころ・解説・感想をご紹介します。

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の予告編

アカデミーアワードを受賞した話題作で、現実と妄想がつぎつぎと繰り返されるようになり、その境目が分からなくなるようなストーリー展開が特徴的です。

昔の栄光を懐かしむ俳優が舞台に挑戦しますが、失敗することができないプレッシャーから架空のキャラクターが登場することになり、いろいろな葛藤に巻き込まれていきます。

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のあらすじ(ネタバレなし)

リーガンは俳優で以前はスターの地位に君臨していましたが、今は落ち目になって世間からは懐かしの俳優として扱われています。

私生活もうまくいかずに妻とは離婚しており、娘は普通の生活も遅れない状態になっていました。

彼は自身の心の声に悩まされていましたが、新しい舞台に挑戦することになります。

SNSのおかげで彼は話題の人になることができ、かつての栄光をつかめるようにも思えました。

しかし、舞台の上で行われて行為によって、彼は倒れてしまいます。

観客が拍手する中、彼は起き上がることができません。

舞台の上で彼はどうなってしまうのか、スターに返り咲くことができるのか見ものです。

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の解説

撮影はマンハッタンので撮影されており、実際にあるバーなどが使われました。

関係者からは絶賛されており、マイケル・キートンの演技が光る作品です。

彼の人生と組み合わさるような設定になっており、この作品をきっかけに再評価されるようになります。

バットマン以降、あまり有名な作品には登場していませんでしたが、この作品で見事な演技力を発揮することになりました。

現実と空想が入り混じる不思議な世界観が描かれていて、全体的にシュールでブラックコメディ的な要素が多いです。

彼が主人公になっていることも、ある意味ブラックジョークのようなもので、主人公と境遇がよくにています。

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のみどころ

マイケルと主人公はよく似ており、皮肉を感じることがあります。

不思議な現象が起こるようになり、現実とそうではない境界線があいまいに描かれている作品です。

現実と虚構の境界線について主人公は分からなくなっていき、だんだん精神的に追いつめられていく様子を見ることができます。

彼の考えていることが手にとるように分かる映画で、不思議な設定の作品です。

SFだったりサスペンス的なストーリーになっており、メッセージ性の強い仕上がりになっています。

タイトルは哲学的になっていますが、映画の雰囲気とよく合っているでしょう。

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の感想

不思議な感じのする映画で、主人公の妄想と現実がよく分からない内容になっています。

カメラワークがこっていて、ドラムなどの音響効果が特徴的です。

クールな内容の作品になっており、数々の賞を得たことも納得します。

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の登場人物・キャスト

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のキャストをご紹介します。

  • リーガン・トムソン:マイケル・キートン
  • マイク・シャイナー:エドワード・ノートン
  • ジェイク:ザック・ガリフィアナキス
  • ローラ:アンドレア・ライズブロー
  • シルヴィア:エイミー・ライアン
  • サム:エマ・ストーン
  • レズリー:ナオミ・ワッツ
  • タビサ:リンゼイ・ダンカン

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のスタッフ

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の作成スタッフをご紹介します。

  • 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
  • 脚本:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、ニコラス・ジャコボーン、アーマンド・ボー、アレクサンダー・ディネラリス・Jr
  • 撮影: エマニュエル・ルベツキ
  • 音楽: アントニオ・サンチェス、 Victor Hernandez Stumpfhauser
タイトルとURLをコピーしました