映画『ガタカ』あらすじ(ネタばれナシ)・みどころ・解説・感想

映画

1998年5月2日に公開された映画『ガタカ』。
この記事では、映画『ガタカ』のあらすじ(ネタばれナシ)・みどころ・解説・感想をご紹介します。

映画『ガタカ』の予告編

 未来の世界が描かれていて、遺伝子操作が行われている時代のストーリーです。

宇宙飛行士を夢見ていた主人公ですが、検査によって不合格になってしまいます。

他人の遺伝子を利用して別人になろうとするSFサスペンス作品です。

SF設定に目が行きがちですが、人が持つ他人への劣等感や嫉妬などが描写されていて、よりリアルに感じることができます。

映画『ガタカ』のあらすじ(ネタバレなし)

 ヴィンセントは生まれつき体が弱く、宇宙飛行士になることを目指しています。

宇宙に行くには遺伝子的に適正者しかいけないルールですが、彼は不適正者でした。

彼は元水泳選手を利用して生体偽装することになり、適正者として宇宙局で働くことになります。

彼は元水泳選手の生活をサポートしながら、宇宙飛行士に選ばれるようになりました。

しかし凶悪な事件に巻き込まれることになりてしまい、彼は無事宇宙に行くことができるかが見ものです。

現代でも嫉妬や劣等感などを感じている人は多く、いろいろな悩みをかかえています。

主人公はルールに逸脱して夢をかなえようとしますが、努力する姿には感動を覚えるでしょう。

映画『ガタカ』の解説

今では有名になっている俳優たちの若い頃を見ることができます。

セットが豪華で近未来的な建物が多く、カリフォルニアの各地で撮影されました。

実際ある施設が使われていて、いろいろな自動車が登場しますがクラシックなものが多いです。

現実的なSFものとして有名で、近い将来映画のような遺伝子操作が行われたり、医療が進歩しているのではないかと思ってしまいます。

ヴィンセントの正体がばれるのではないかという緊張感が漂っており、最後まで目が離せません。

人の心の葛藤や渇望が丁寧に描かれていて、深みのある作品になっています。

映画『ガタカ』のみどころ

ルール違反をしてしまうヴィンセントですが、そのルールに問題があるのだろうと思ってしまいます。

彼は純粋に夢をかなえようと努力していますが、他者が決めたルールさえなければ彼は適正者だったはずです。

画期的な作品でカメラワークがおしゃれだったり、ファッションがスタイリッシュで統一感があります。

適正者だった水泳選手は交通事故で夢をかなえることができず、不適正者は努力によって夢を勝ち取るという皮肉な内容です。

今まで頑張っていたことが報われるような世の中になってほしいと感じました。

出演者はとにかく美しく、見ているだけでうっとりするような作品になっています。

映画『ガタカ』の感想

やや暗い雰囲気がありますが出演者の美しさが際立っていて、彼らのこれからの活躍が期待できる作品で、今では実力派俳優になりました。

遺伝子で差別されるという設定になっていますが、格差社会と呼ばれる現代にも通じるものがあります。

映画『ガタカ』の登場人物・キャスト

映画『ガタカ』のキャストをご紹介します。

  • ヴィンセント・アントン・フリーマン:イーサン・ホーク
  • アイリーン・カッシーニ:ユマ・サーマン
  • ジェローム・ユージーン・モロー:ジュード・ロウ

映画『ガタカ』のスタッフ

映画『ガタカ』の作成スタッフをご紹介します。

  • 監督:アンドリュー・ニコル
  • 脚本:アンドリュー・ニコル
  • 製作:ダニー・デヴィート、マイケル・シャンバーグ、ステイシー・シェア
タイトルとURLをコピーしました