PR

松岡禎丞の出身地や学校と声優のきっかけ!高校は地元の北海道

声優

松岡禎丞さんは、大ヒットアニメ「鬼滅の刃」の嘴平伊之助役で有名な人気声優です。

アニメ「ブルーロック」を見ていると、「あれっ、この声、伊之助じゃない?」と雷市が登場した瞬間に気づきました。

その存在感は本当にすごいですね。

さて、松岡禎丞さんの経歴や出身地について知りたくなりませんか?

そこで、松岡禎丞さんが声優になったきっかけやその経歴、学歴などについてご紹介します。

アニメブルーロックのまとめはこちら>>>

松岡禎丞のプロフィール

声優名  松岡禎丞 (まつおかよしつぐ)
本名  非公開
生年月日  1986年9月17日
出身地  北海道帯広市
身長  166cm
体重  非公開
血液型  O型
所属事務所  アイムエンタープライズ
活動時期  2009年〜
声優デビュー作  東のエデン(AKX20000)

 

松岡禎丞の学歴・出身校

松岡禎丞さんが通った学校について、大学から小学校までの順にご紹介します。

また、各学校の特徴や彼がどのような学生だったのかについてもお伝えします。

松岡禎丞は大学ではなく専攻出身

松岡禎丞さんは、もともと自動車整備士を目指していたため、大学には進学しませんでした。

高校卒業後、声優になるために上京し、代々木アニメーション学院東京校に進学しました。

代々木アニメーション学院は、東京、大阪、名古屋など全国に8校を展開するアニメやエンターテイメントの専門学校です。

学校名 代々木アニメーション学院東京校
所在地 〒101-0061
東京都千代田区神田三崎町1-3-9
※東京校
最寄り駅 JR中央総武線「水道橋駅」東口 徒歩1分
都営三田線「水道橋駅」徒歩3分
東京メトロ「神保町駅」徒歩10分
東京メトロ「九段下駅」徒歩15分
東京メトロ「後楽園駅」徒歩17分
公式サイトHP 代々木アニメーション学院東京校
著名な卒業生 鈴村健一、中村悠一など多くの声優

 

出身高校

松岡禎丞さんは北海道池田高等学校の出身です。

北海道池田高等学校は、北海道中川郡池田町に位置する道立高校で、スピードスケートの強豪校としても知られています。

高校時代の松岡さんは部活には所属していませんでした。中学時代に文化祭で演劇を経験していましたが、高校の演劇部は本気度が高く、怖いイメージがあったため入部しなかったそうです。

また、松岡さんは高校時代にアルバイトをしており、バイト先のお母さんたちの「年上の魅力に惹かれた」とも語っています。

先述のとおり、松岡禎丞さんは高校3年の秋まで自動車整備士を目指しつつ、北海道内の声優学校を探しました。

しかし、北海道内で声優学校を見つけることができず、最終的に上京することを決意しました。

学校名 北海道池田高等学校
所在地 〒083-0003 北海道中川郡池田町字清見ヶ丘13番地
最寄り駅 根室本線「池田駅」
公式サイトHP http://www.ikeda.hokkaido-c.ed.jp/
著名な卒業生 太田明生(スピードスケート)、沖藤典子(作家)

 

出身中学校

松岡禎丞さんは、池田町立池田中学校の出身です。

同校の著名な卒業生には、ドリカムの吉田美和さんがいます。

中学時代、松岡さんは吹奏楽部でチューバを担当していました。

中学2年の文化祭で初めて演劇に挑戦し、「こういうのもいいかな」と思ったそうです。

声優を目指していた松岡さんは、中学で演劇部に入部し、演技の楽しさを学びました。

学校名 池田町立池田中学校
所在地 〒083-0023 北海道中川郡池田町西3条9丁目1
最寄り駅 根室本線「池田駅」
公式サイトHP 池田町立池田中学校
著名な卒業生

 

出身小学校

松岡禎丞さんの出身小学校については明確な情報はありませんが、池田町内の公立小学校であることから、池田小学校、高島小学校、利別小学校のいずれかと推測されます。

もし池田小学校の卒業生であれば、中学校と同様にドリカムの吉田美和さんも同校の卒業生です。

松岡さんは帯広市の出身ですが、小学校2年生の時に隣町の池田町に引っ越しました。

小学生時代には漫画「頭文字D」に夢中になり、この頃から自動車整備士に憧れていたそうです。

 

松岡禎丞の声優経歴

松岡禎丞さんは、高校卒業後に代々木アニメーション学院に進学し、卒業後は日本ナレーション演技研究所(日ナレ)で声優としての研鑽を積みました。以下は彼の主な経歴と代表作です。

経歴

  • 高校卒業後: 代々木アニメーション学院東京校に進学
  • その後: 日本ナレーション演技研究所(日ナレ)に進学

主な出演作

  • 2009年
    • 東のエデン(AKX20000)
  • 2010年
    • 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(真壁楓、男子生徒)
  • 2011年
    • THE IDOLM@STER(御手洗翔太)
    • あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(男子生徒)
    • 神様のメモ帳(藤島鳴海)
  • 2012年
    • ソードアート・オンライン(キリト / 桐ヶ谷和人)
  • 2013年
    • ダイヤのA(金丸信二)
    • 弱虫ペダル(青八木一)
  • 2014年
    • ノーゲーム・ノーライフ(空)
    • 魔法科高校の劣等生(一条将輝)
  • 2015年
    • 食戟のソーマ(幸平創真)
    • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ベル・クラネル)
  • 2016年
    • Re:ゼロから始める異世界生活(ペテルギウス・ロマネコンティ)
  • 2019年
    • 鬼滅の刃(嘴平伊之助)
    • 五等分の花嫁(上杉風太郎)
  • 2021年
    • 東京リベンジャーズ(三ツ谷隆)
    • 呪術廻戦(究極メカ丸)
  • 2022年
    • ブルーロック(雷市陣吾)

松岡禎丞さんは、これらの作品を通じて多くの主要キャラクターを演じ、幅広い役柄をこなしています。

声優になったきっかけ

松岡禎丞さんが声優という職業を知ったのは、15歳の頃でした。

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の渚カヲルとゲーム「テイルズ オブ エターニア」のリッド・ハーシェルを同じ声優が演じている。

そのことに気づき、その見事な演じ分けに驚いたことがきっかけで、声優を目指すようになりました。

松岡禎丞の家族情報と子供時代

松岡禎丞さんの両親についての情報は見つかりませんでしたが、彼は4人兄妹の長男で、弟と2人の妹がいることがわかっています。

子供の頃から活発で、よく戦隊ヒーローごっこをして遊んでいたそうです。

また、車好きで、チューニング雑誌を集めるほどでしたが、実は自動車免許を持っていないという意外な一面もあります。

さらに、妹が2人いるにも関わらず女性が苦手で、女性の声優さんと共演する際には緊張してうまく話せないことがあると語っています。

まとめ

今回は、松岡禎丞さんが声優になったきっかけや経歴、学歴について調べてみました。

今や大人気声優となった松岡禎丞さんですが、高校までは自動車整備士を目指しており、演劇や音楽の経験はほとんどなかったことがわかりました。

多くの声優さんが小中学生の頃から声優を目指していたのに対し、松岡さんが声優を志したのは意外にも遅かったことに驚かされます。

しかし、そんな松岡さんも今では数々のメインキャラクターを演じ、ラジオや舞台など様々な分野で活躍されています。

これからどのような活躍を見せてくれるのか、楽しみにしています。

タイトルとURLをコピーしました